BOOK Studio947
狩野祐東・狩野さやか著書

p.290の「7-02_photo/step2/script.js」で発生したエラーへの対処方法を教えていただけないでしょうか。

トップページ 書籍 Q&A 確かな力が身につくJavaScript「超」入門:Q&A p.290の「7-02_photo/step2/script.js」で発生したエラーへの対処方法を教えていただけないでしょうか。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2217 返信
    楠本一哲
    ゲスト

    初めまして。javascript入門者でソースコードを写経している者です。
    p.290の「7-02_photo/step2/script.js」で、コンソールに下記のエラーメッセージが表示されました。

    Object { error_type=”OAuthAccessTokenException”, code=400, error_message=”The access_token provided is invalid.”}

    私用のサーバーはなく、XAMPPを用いているので、Webページを公開するURLを”http://localhost”としました。instagramのアクセストークンの取得までは問題ありませんでした。

    お手数ですが対応策を教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    #2218 返信
    狩野 祐東
    キーマスター

    楠本さんがお書きになった以下のコンソールメッセージ

    Object { error_type="OAuthAccessTokenException", code=400, error_message="The access_token provided is invalid."}

    は、アクセストークン(script.jsに書いた「access_token: '*****',」の「*****」)が、Instagramから取得したアクセストークンと違っているときに出るエラーです。このメッセージが出ているということは、アクセストークン以外の部分のプログラムはおそらく間違っていないでしょう。また、localhostでも問題なく動作することはわたしも確認しています。そうした点は安心していいと思います。

     もしかしたら、アクセストークンと違う文字列、たとえばCLIENT_IDなどをペーストしてしまったのかもしれませんし、アクセストークンをコピーする際に、不要な文字までコピーしたり、コピーが途中で切れていたりしたのかもしれません。もう一度、「*****」の部分が取得したアクセストークンとまったく同じか、確認してみてください。
     もし、もとのアクセストークンがわからなくなったら、Step1の作業を繰り返して(たぶん、p.288あたりから始めればよいと思います)、アクセストークンを再度取得してみてもらえますか。

     アクセストークンを入力しても解決しないようであれば、またお気軽に書き込んでください。

    #2223 返信
    楠本一哲
    ゲスト

    ご返信ありがとうございます。無事解決いたしました。
    アクセストークン以外の部分のプログラムはおそらく問題ないとのことでしたので、アクセストークン部分を見直しました結果、原因が分かりました。
    script.js中の'<アクセストークン>’の箇所で、私は両端の'<‘と’>’を残したまま’アクセストークン’を置き換えていました。
    そうではなく、両端の'<‘と’>’を削除したところ、コンソールの表示内容が変わりました。
    お手数をおかけしました。
    お陰様で、最後まで写経を終えることができそうです。

    #2225 返信
    狩野 祐東
    キーマスター

    修正完了レポートありがとうございます。
    なるほど… ソースコード中に「<」や「>」があるのは紛らわしいのですね。書き方を工夫しないと。わたしも勉強しました。

    ともかく、直ってよかったです。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
返信先: p.290の「7-02_photo/step2/script.js」で発生したエラーへの対処方法を教えていただけないでしょうか。
あなたの情報: