BOOKS
by Sukeharu Kano / 狩野祐東 著書

ポップを置いてきました

2014-10-20

10月18日、最寄りの書店2店にポップを持参してきました。

持っていったのは芳林堂書店高田馬場店ジュンク堂池袋本店

芳林堂高田馬場店
芳林堂高田馬場店
ジュンク堂池袋本店。残念ながらちょっと手ぶれ
ジュンク堂池袋本店

ご覧のとおりジュンク堂はすぐに設置してくださいました。

見ればわかるかもしれませんがこれは完全ハンドメイドです。
今回の場合は、白い画用紙にいろいろ書いた後、裏に水色の紙を貼っています。右上の表紙は薄いスチレンボードを挟んでゲタを履かせ、立体加工しています。だから何となく影が落ちてるでしょ。表紙はステッカー紙にプリントして貼り付け。

ちなみに。このスチレンボード、横から見ると逆台形になるようにカットしています。こうすると影が落ちてより立体感が強調されるのだそうです。展示が多い紙のデザイナーやイラストレーターの必須テクだそうです。

で、こんな情報が必要な人はあんまりいないと思いますが、紙のサイズは約A6です。決まりがあるわけではないみたいですが、最初に編集者さんからもらった紙がそのサイズだったので、その辺が標準的なのでしょう。本屋に行くともっと大きな紙に書いている人もいるし、色紙に書いたもうポップとは言えない巨大なものもあるし、気にして見てみると面白いです。

じゃーん。完成品。裏の水色紙と立体加工はしていませんけど。

ポップ

狩野 祐東

Web/アプリケーションUIデザイナー、エンジニア。執筆家。 アメリカ・サンフランシスコに留学、UIデザイン理論を学ぶ。Webサイトやアプリケーションのデザイン・開発、関連技術書籍の執筆を数多く手がける。株式会社Studio947代表。